地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」

新宿チビたび散歩

第30回 下落合のぼたん寺、薬王院に行ってみよう

春、ぼたん寺とも言われる、下落合の東長谷寺・薬王院の紹介

2013/04/19

ひろ~い新宿区を、ちっちゃく区切って、ちょっとお出かけ“チビたび散歩”。寄り道したくなる場所や一度は行ってみたいスポットを訪ねて、ときには気になるあの人にひょこっとお話を聞いて、ぶらりぶらりとちょっとした旅気分でお散歩します。

今回は春の桜に続き、春の牡丹(ボタン)です。
下落合の牡丹(ボタン)の名所、東長谷寺・薬王院に「チビたび散歩」してみませんか。
(執筆 2013年4月14日)
[↓ページ下に移動]
ご紹介する「東長谷寺・薬王院」は、例年4月中旬になると1000株以上の牡丹(ボタン)が咲く美しい寺院です。
また、「オプショナル散歩」として、「薬王院の枝垂桜(シダレザクラ)」、「下落合野鳥の森公園」、「せせらぎの里公苑」も合わせてご案内します。

開花時期などの情報は、新宿区公式ホームページなどの参考サイトの情報に筆者の経験を加えた「筆者調べ」です。
気候によって大きく変わることがありますので、目安とお考えください。

それでは、最後まで読んでくださいね。

東長谷寺・薬王院 ~みどりの新宿30選・景観重要樹木・特別保護樹木~

東長谷寺・薬王院牡丹(ボタン)は、総本山でもある奈良の長谷寺のボタンを関東にも移すことを目指して、長谷寺より 100株譲り受けたのが始まりでした。
庫裡の前庭や本堂の前に1000株以上の牡丹(ボタン)が植えられており、花の時期には多くの人でにぎわいます。
新宿区公式ホームページより)

また、牡丹(ボタン)枝垂桜(シダレザクラ)は、お隣の下落合野鳥の森公園と合わせて「みどりの新宿30選」に選択されています。
山門前の欅(ケヤキ)は、新宿区の「景観重要樹木・特別保護樹木」に指定されています。

牡丹(ボタン)の見頃
例年 4月中旬~下旬

開門時間
午前9時~午後5時

最寄駅
西武新宿線下落合駅より 徒歩約5分

こちらもご覧ください。
東長谷寺・薬王院(公式ホームページ)
薬王院のぼたん・しだれざくらと下落合野鳥の森公園 ~みどりの新宿30選~ (新宿区公式HP)
薬王院のケヤキを景観重要樹木・特別保護樹木に指定 (新宿区公式HP)
先に牡丹(ボタン)の花のアップの写真をいくつかご覧いただきます。
満開の数日前という2013年4月11日に撮影しました。
午前中は晴れ、お昼過ぎから小雨という牡丹(ボタン)の「観賞日和」でした。

晴れの日だけでなく、曇りや雨の日の牡丹(ボタン)も花が美しく映えます。
特に雨の中、水滴に光る牡丹(ボタン)は実に美しいものです。
小雨程度でしたら、あきらめずに花を眺めに来てくださいね。