地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」

ぐるっと! 新宿WEバス

WEバスで新宿追分へ!

「新宿追分」停周辺の「一番!」を探す

2012/01/04

ルートマップは↑ここをクリック
(新宿区サイトのPDFファイルが開きます)
時刻表は↑ここをクリック
(新宿区のサイトが開きます)
運賃などは↑ここをクリック
(新宿区のサイトが開きます)
新宿WEバスは、新宿駅周辺を循環する便利なバスで、運賃は100円!
西口から東口へ、東口から南口へ、バス停は全部で23箇所。
曜日や時間によって運行ルートが変わりますので、ルートマップを要チェック!

新宿は狭いようで広い街。
西口・東口の移動が億劫なものですが、WEバスを使って、少しばかりの寄り道をするのはいかがでしょうか?

バス停ひとつずつ巡って、周辺のちょっといいものを探してみたいと思います!

今回は「新宿追分」停で下車。周辺を歩いて、「一番!」と思うものを探してみました。

「新宿追分」停に寄り道

時間と気持ちに余裕があったら、新宿駅西口からWEバスに乗って新宿御苑方面をぐるっと回って「新宿追分」停まで行きませんか?
「新宿追分」とは、老舗デパートが建ち並ぶ新宿三丁目の交差点のことです。
江戸時代、日本橋に端を発した甲州街道から青梅・福生方面へ向かう青梅街道の分岐点として「追分」の地と呼ばれていました。
現在は新宿通りと明治通りが交差しています。
「新宿追分」停の目の前は、2009年にオープンした新宿マルイ本館。
緑の多いオーガニックな雰囲気のファッションビルは、マルイグループの事実上の旗艦店と言えるでしょう。
新宿通りを挟んで、その前には1933年に開店した伊勢丹新宿本店がドーンと構えています。
歴史のある建物には老舗の風格と気品が。
新宿のデパートのイメージといえばここ!という方も多いのでは?
明治通りを渡って、新宿マルイワンの前には江戸時代の「新宿追分」を記す元標があります。
普段は見過ごしがちだけど、今度注目して見てみて。
その先には追分だんご本舗新宿本店が。
ここにもしっかり「新宿追分」の名前が刻まれていますね。
新宿通りを渡って、新宿三丁目交差点の交番。こちらも正式名称は「追分交番」となっています。
今回あらためて気づきました。
伊勢丹横の無印良品の裏には小さな郵便局が。
こんなところに郵便局があるなんてご存じでしたか?
ふたたびバス停の近くに戻って、新宿三越アルコット。
2012年3月末で新宿から三越がなくなってしまうという寂しいニュースも。
その裏通りには老舗の天ぷら屋さんが顔を並べています。こちらのお店は1924年創業。
う~ん、揚げたての美味しい天ぷらが食べたくなりました。

今日の寄り道スポット!

寄り道途中でみかけたものの中から、独断と偏見で「これが一番!」だと思うスポットをお勧めします。

今日の一番はここ!
さて、本日一番の癒しの場所をご紹介します。
「新宿追分」停の前にある新宿マルイ本館の屋上庭園・Q-COURTです。
新宿のど真ん中の屋上にこんな英国様式の庭園があるなんてあまり知られていませんよね。
空に近いから開放感があってのんびりできます。もちろん無料です。
庭園内にはイングリッシュローズをはじめ数多くの花や植物が植えてあります。
秋に訪れたときには、黄色いツワブキの花が咲いていました。ミツバチたちが美味しそうに蜜を吸っています。
そして、ここから眺める新宿西口の高層ビル群が最高です。
まさに都会の屋上庭園だからこそ味わえる風景といったところでしょうか。
このゆったりとした感じはWEバスに乗って訪れると一段と高まります。
新宿駅から歩いて行けるところでも、WEバスに乗ることで新たな発見があるかもしれませんね。
reported by オダギリ
(しんじゅくノート区民スタッフ)