地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」

新宿チビたび散歩

第131回 芸能山城組ケチャまつり 2015-08

2015年8月5日~9日 新宿区西新宿 新宿三井ビルディング 55HIROBA イベントレポート

2015/09/16

ひろ~い新宿区を、ちっちゃく区切って、ちょっとお出かけ“チビたび散歩”。寄り道したくなる場所や一度は行ってみたいスポットを訪ねて、ときには気になるあの人にひょこっとお話を聞いて、ぶらりぶらりとちょっとした旅気分でお散歩します。

実は若い頃にバリ島にケチャを見に何度か行きました。そのケチャが自宅から徒歩圏で開催されていると聞き、さっそく取材させていただきました。実は2015年で40回目の開催とのこと。地元でありながら出不精(デブ・症と区切らないように)、もとい、数年前までスーパー多忙で気が付かずにおりました。

さあ、新宿でバリ島のバカンス気分を味わいにチビたび散歩してみませんか。

新宿がインドネシアはバリ島に変身 ケチャと縁日で夏を楽しもう

毎年夏に新宿の高層ビルの谷間で開催される「ケチャまつり」。「ケチャ」とは上半身裸の男たちが灯火を囲み、「チャッ、チャッ」というリズムで繰り広げられる、世界的にも有名なインドネシア・バリ島の呪術的な舞踊劇です。「ケチャまつり」は、そのケチャをメインに開催される日本離れした縁日です。

会場は新宿三井ビルディングの広場「55HIROBA」。舞台にはバリ島寺院様の荘厳な儀式門。本家のバリ島の儀式門は石造りで、昔バリ島に通ったときに、悪人が通れば門が閉じて死んでしまうと現地で教わりました。バリ島では何度も通り抜けましたが、潰されることなく、幸いまだ生きています。

この祭りを主催する芸能山城組は、山城祥二氏を「組頭」とし、日本や世界の民族音楽を主題にするパフォーマンス集団。映画「AKIRA」の音楽でも知られています。「ケチャまつり」が始まった当時は西欧近現代文明が尊ばれ、自然や伝統を卑しむ風潮の時代。芸能山城組は「行動する文明批判」を掲げ、ケチャを始めとする都市化と文明化が滅ぼしてきた祭りや伝統を範とする人間本来のコミュニティを現代都市に再構築する取り組みを続けているそうです。
ケチャまつりの様子を一部の写真と2つのダイジェスト版の動画でご紹介します。会場の雰囲気が少しでも伝われば幸いです。
会場にはバリ島の大きな竹の楽器「ジェゴグ」と何やら不思議なモノが並び、バリ島にバケーションに行ったような気分。これを見ただけで、楽しくてルンルンですね。
バリ島の寺院で良く見かける儀式門。バリ島の神様はゆるキャラ化していません。
バリ島の寺院で良く見かける儀式門。バリ島の神様はゆるキャラ化していません。
バリ島の地ビールもあります。
バリ島の地ビールもあります。
ケチャまつりでは、演奏されるものは日本離れしている、または、こんな大道芸は見たことがないというユニークなものが演じられますが、基本的には日本のまつりです。このまつりをお世話してくれるのは、今美人や昔美女だったお姉さん、推定美男と思われるお兄さんとおじさん、男性陣は演技が始まるとさらに格好良くなります。バリ島の地ビールやバリ島産の衣類・ハンドバック・香水などの産品、芸能山城組のCDなどもあり、こんな楽しいマツリがあるのだと感激すると請け合いです。
バリ島の巨竹アンサンブル〈ジェゴグ〉の演奏 参加者が実際に演奏できる手ほどきもある。
バリ島の巨竹アンサンブル〈ジェゴグ〉の演奏 参加者が実際に演奏できる手ほどきもある。
ブルガリア女声合唱
ブルガリア女声合唱
バリ島だけかと思っていると、ブルガリア女声合唱、サカルトベロ (ジョージア) 男声合唱、みちのくの太鼓 華の競演と多彩な出し物がたくさん。もちろん、縁日ですから、大道芸もあります。バナナマンが登場するトンデモナク楽しいバナナのたたき売りなどの大道芸もあります。
みちのくの太鼓 華の競演
みちのくの太鼓 華の競演
大道芸 山城流バナナのたたき売り
大道芸 山城流バナナのたたき売り
ここにでもある、そこにでもあるというバナナのたたき売りではない。なにしろ、食べごろの黄色くなったようなバナナマンが登場。このバナナマン、一度聴いたら、また、聞きたくなるハイパー口上エフェクトの持ち主。お客さんを相手に無理難題のバナナの食べ方を教える喰えないバナナマンだが、バナナマンの本体は某元高校の校長なので、これは教えに従うしかない。これは筆者のアドリブで実際はこんな口上はないのですが、こんな感じがぴったり。大道芸ですら、並ではない出し物で、会場のお客さんは大盛り上がり。
夕闇迫れば、会場には紅い照明も入り、怪しくも楽しい雰囲気に。バリ島気分満喫です。まずは、バリ島の青銅の交響楽〈ガムラン〉の演奏と踊り。金属楽器の音色の調和した音色とバリ島の異様な衣装の舞いで異世界の門を開けたかのよう。

まつりの最後に演じられる呪術的合唱舞踊劇〈ケチャ〉は、古代インドの叙事詩「ラーマーヤナ」を題材としたもの。独特の節回しの日本語の解説付き。バリ島で体験したときは「チャッ、チャッ」という不思議なリズムに酔いしれるのが精一杯でしたが、新宿で初めて内容が理解できました。
バリ島の青銅の交響楽〈ガムラン〉の演奏と踊り
バリ島の青銅の交響楽〈ガムラン〉の演奏と踊り
バリ島の呪術的合唱舞踊劇〈ケチャ〉
バリ島の呪術的合唱舞踊劇〈ケチャ〉
ケチャまつりは、通常昼頃から開始されますが、最初からいても飽きることなく楽しめます。もちろん、少し涼しくなった夕方から、新宿三井ビルディングの広場「55HIROBA」の虫の音を聞きながら参加するのも良いですね。会場はたくさんの人が訪れますから、早めに来場して席を確保するのが吉です。

特筆したいのは、ガムランもケチャを含む演芸や縁日のすべてが、芸能山城組と賛同した「祭仲間」の皆さんで開催されているということ。つまり、日本人によってバリ島やブルガリアなどの伝統芸能が現地のプロのレベルで演じられています。これはオオイに驚かされました。一癖どころか、十癖、百癖くらいのインパクトのある縁日でした。

5点満点中、12点をあげたい気分の超おすすめイベント。しかも、無料とくれば、毎年行くしかないでしょう。祭りは見るより、参加する方が、何十倍も楽しいものです。祭仲間も募集していますから、演じる方に回るのはもっと楽しいでしょう。私たちがケチャ祭りをこれからも堪能する、祭仲間に活動を続けてもらうために、会場には奉納箱やケチャ募金振込の案内も用意されています。新しい時代のまつりとして永く続けいて欲しいものです。

概要とリンク

第40回記念 芸能山城組 ケチャまつり
※2015年8月開催時の内容です。

民族音楽や芸能の先駆的上演、映画「AKIRA」の音楽などでも知られる「芸能山城組」。
新宿新都心で毎夏開催してきた「ケチャまつり」が2015年の開催で40回目を迎えました。

新宿三井ビルディングの広場「55HIROBA」には、インドネシア・バリ島寺院様の荘厳な儀式門と露店が並び、バリ島の巨竹アンサンブル「ジェゴグ」、みちのくの太鼓、ブルガリアとサカルトベロ(ジョージア・旧称グルジア)の合唱、青銅の交響楽「ガムラン」などの演奏と踊り、そして、宵闇に至ればバリ島の呪術的合唱舞踊劇「ケチャ」が夢幻の世界へと誘います。

主な催し物
・バリ島の巨竹アンサンブル〈ジェゴグ〉の演奏と手ほどき
・みちのくの太鼓 華の競演(じゃんがら念佛踊り、鹿踊など)
・ブルガリア女声合唱
・サカルトベロ (ジョージア) 男声合唱
・大道芸  (がまの油売り、山城流バナナのたたき売りなど)
・バリ島の青銅の交響楽〈ガムラン〉の演奏と踊り
・バリ島の呪術的合唱舞踊劇〈ケチャ〉

期日: 2015年8月5日〈宵宮〉~8月9日
会場: 新宿三井ビルディング 55HIROBA (新宿区西新宿2-1-1)
小雨決行・入場無料
祭り人: 芸能山城組、ひろばにお集まりのみなさま
主催: ケチャまつり実行委員会
共催: 三井不動産株式会社
後援: 東京都、駐日インドネシア共和国大使館、在日ジョージア大使館、駐日ブルガリア共和国大使館
(主催者公式HP、パンフレットより)

開催内容の詳細、次回開催予定などは、主催者のホームページでご確認ください。
芸能山城組

オプショナル散歩とバックナンバー

関連した話題などをご案内するオプショナル散歩のコーナーです。
新宿チビたび散歩では、いろんなイベントや祭りもご紹介しています。

イベントを探してみよう

最新の新宿区の話題はジモバナやイベント案内からご覧いただけます。
イベントには事前の参加申し込みや料金が必要な催しもあります。
開催内容と日程、申込み方法は、ホームページでご確認ください。
ジモバナ~新宿区民による情報発信 (しんじゅくノート)
イベントカレンダー(しんじゅくノート)
イベントカレンダー(新宿区公式HP)

バックナンバー

新宿チビたび散歩で、新宿区内のいろいろなイベントや公園などを紹介させていただいています。バックナンバーもご覧くださいませ。
新宿チビたび散歩 バックナンバー一覧 (しんじゅくノート)

お疲れ様でした

閲覧ありがとうございました。久しぶりにインパクトの強い祭りに出合いました。昔々に行っていたバリ島がらみでしたので、印象は更に強いものでした。姿は違うものの日本の祭りの精神を復活しようという新たな取り込りが40年に亘り続けられていることにも感動しました。

内容は取材撮影時(2015年8月6日)の様子、執筆時点(2015年8月19日)での参考サイトなどの情報に筆者の経験を加えた「筆者調べ」です。記事の内容は目安とお考えください。

広い新宿区のことですから記事から漏れている事柄も多いと思います。お近くの公園の見どころや皆さんが楽しんでいるイベントなどを教えてください。次回の記事の参考や取材に押しかけます。連絡先は、Eメールでお願いいたします。

公園などの近況を筆者のホームページで不定期に掲載しております。
よろしければ参考にしてください。
取材・文・写真:しんじゅくノート区民スタッフ 小橋輝雄
西新宿在住。取材・撮影・企業サイト構築・マーケティング活動などをご支援しています。
ホームタウンジャパン http://www.hometownjapan.com/
Eメール teru@kohashi.org

PICK UP 新宿区のお店 ~グルメ~

  • 青柳

    青柳

    新宿区箪笥町29

    [ 食事・甘味 ]
    早朝営業でみなさまのお役に立ちます

  • 宝龍

    宝龍

    新宿区神楽坂6-24

    [ 中国料理 ]
    これからも愛され続ける「神楽坂の台所」を目指して

  • 緑食堂

    緑食堂

    新宿区神楽坂6-24

    [ 定食・食堂 ]
    昔ながらの食堂です

  • カフェドクリエ

    カフェドクリエ

    新宿区神楽坂6-8-31

    [ 喫茶 ]
    セルフスタイルのオープンカフェ 

  • 神楽坂Rouge

    神楽坂Rouge

    新宿区神楽坂6-26

    [ 焼き鳥&ワイン ]
    焼き鳥とワインを気軽に楽しめるお店です

  • 高林

    高林

    新宿区細工町1-2

    [ 和食・ふぐ・すっぽん ]
    旬の食材をお楽しみください