地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」

路地裏のさんぽにん

第35回 埼玉県春日部市

東武伊勢崎線春日部駅周辺を歩く! 前篇

今回下車したのは、埼玉県春日部市の中心部にある春日部駅。
東武伊勢崎線と東武野田線が乗り入れ、乗降客数は1日約7万人。
市街には国道4号や国道16号が伸び、県東部の交通要衝の地。
江戸時代には日光街道の4番目の宿場「粕壁宿」として賑わい、
昔もいまも人々が行き交う街。桐たんすや麦わら帽子が特産品です。

今回のまちの表情

A. 春日部大通りから古利根川まで続く土地に建つ荒物店の蔵 B.丸金の刺身盛り合わせ。左から小袋、レバ、ハツ、タン。絶品! C.古利根川 D.古利根公園橋の麦わら帽子をかぶったブロンズ像。駅周辺では約20ヶ所でブロンズ作品を観られる E. 春日部市商工振興センター1階で展示・販売されている麦わら製品。最近は麦わら帽子だけでなく、バッグや小物入れなども作られていて人気 F.舟運の目印となった碇神社の木・イヌグス。右手に古利根川の土手 G.Bien −びあん− とオーナーシェフ H. 商店街で目立っている「ふじちゃん」 I.駅西口にあるJAZZ BAR「YELLOW NOTE'S」。700種以上のウイスキー(オールドボトルも豊富)と大型オーディオスピーカーJBLのパラゴン、4344、K2から繰り出される音が圧巻! J. 東口と西口をつなぐ地下通路、通称・壁画トンネル。壁に海の生きものが描かれ、水族館に迷い込んだよう K. 春日部で会った猫 L. 春日部市商工振興センターに飾ってある巨大押絵羽子板 M.春日部に1軒だけ残っている氷店。手前の氷は36貫(135キログラム) N.通りの右手奥に蔵あり

おさんぽマップ

さんぽのポイント! (おさんぽマップ 1〜5)

その1 多くの人出で賑わった宿場町の名残を探そう

●日光街道・粕壁宿
 江戸五街道の1つ、日光街道。現在の国道4号がおもな道筋だが、市内粕壁東の一宮交差点から西に曲がり、古利根川にかかる新町橋を渡って、小淵交差点に至るのが本筋。
 粕壁宿の街並みは一宮交差点から新町橋までの約1.1キロメートルに形成。天保14年(1843)には本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠45軒、問屋場1ヶ所、家773軒があり、規模は日光街道23宿のうちの6番目。街道沿いには青物店、穀物店、精米・精麦店、飲食店などが建ち並び、4と9のつく日には六斎市を開催。地域経済の中心地となって発展した。
 現在、その名残は春日部大通り(旧日光街道)の両側に点在する蔵造りの商家や蔵などでいくつか見られる。写真の商家の前には道しるべ(原位置ではない)が立ち、「東 江戸」「西南 いハつき」「北 日光」と刻まれている。

その2 移り変わる歴史を見てきた寺町はいまも健在

●寺町
 粕壁宿の西側には最勝院をはじめ、普門院、成就院、妙楽院、玉蔵院が集まり、寺町と呼ばれていた。その光景はいまも変わらず、宿場時代の面影を感じられる。
 最勝院には南北朝時代に後醍醐天皇に仕え、元弘の乱などで活躍した春日部重行が葬られるといわれる。春日部氏一族は平安末期からこの地を本拠としており、地名につながったという説も。
 明治時代、最勝院の境内は大相撲の地方巡業やサーカス、芝居の興行、武道大会などに利用。明治26年、粕壁−越谷−草加−千住を結ぶ「千住馬車鉄道」が開業した際には起点になるなど、春日部の歴史と多く関わりを持っている。

その3 時間がゆったりと流れていく公園でひと休み

●古利根公園橋
 市街を流れる古利根川に架かる全長79メートルの橋。全国でも珍しいと言われる理由は、橋の上が公園として整備されているから。モニュメント、ステージ、円形ベンチ、ブロンズ像などが緑の中に配され、足下をゆったり流れる川をのぞきこむとカモ、シラサギ、アヒル、コイ……。穏やかな時間が過ぎていく(写真左の街灯の傘は麦わら帽子のカタチ)。
 江戸時代、粕壁宿は周辺で米や麦が生産され、集積地としても繁栄。古利根川には河岸があり、荷を積んだ舟が江戸へ行き来する姿が見られた。古利根公園橋から東に200メートルほど進んだ碇神社には推定樹齢600年の巨木イヌグスが立っており、当時は船着場の格好の目印となっていた。
 ちなみにイヌグスは南方系の木で、県内では珍しいため、県天然記念物に指定されている。

その4 特産品を手に入れたいときは、まずこちらへ!

●春日部市商工振興センター
 伝統の技によって生み出される特産品。春日部では桐たんす、桐箱、押絵羽子板、麦わら製品が知られる。
 春日部市商工振興センターの1階ではこれらの特産品を一堂に集めて展示・販売。夏は麦わら製品、秋は桐箱、冬は押絵羽子板を中心として、季節ごとに品揃えを変えている。
 特筆したいのは、製造元から直接卸しているので割安に買えること。例えば、桐箱は小物や書画入れなどに大小さまざまな形があって100円〜、麦わら製品は麦わら帽子が子どものかわいいものから大人のおしゃれなものまで2000円〜。
 春日部銘菓、銘酒、キャラクターグッズ(『ゲゲゲの鬼太郎』の藤うどんストラップ)などもあり、お土産選びにも訪れたい。
 写真は人気の「桐羽子板はがき3枚入り」300円。
■048-761-3181
■春日部市粕壁東1-20-28 アクシス春日部
■9:00〜18:00(日によっては〜21:30)
■臨時休あり

その5 桐たんす店に彩り豊かなお惣菜がずらり!?

●Bien −びあん−
 駅東口すぐのお店の看板に「武井箪笥店」。中をのぞくと、ん? たんすはない?? 好奇心を刺激されて入っていくと、ハンバーグ、鶏の唐揚げ、なすとピーマンの味噌炒めなど、白いゴハンとともにわしわし食べたくなるお惣菜がいろいろ。
 ここはオープン8年目をもうすぐ迎える惣菜店「Bien −びあん−」。「武井箪笥店」とはオーナーシェフのご両親が09年3月まで営んでいた桐たんす店で、看板がもったいないからとBienの店頭に。
 お惣菜をあらためて眺めると、つぶ貝のソテー ブルゴーニュ風、ジャーマンポテト、チリコンカルネ、ビーフンなど、国際色豊かなものも。すべてオーナーシェフが手間ひまかけて丁寧に手作りしたもので、トレビア〜ンなおいしさ(だから、“びあん”)。
■048-763-9928
■春日部市粕壁1-7-1(春日部駅東口食鮮市場正面)
■11:00〜21:00
■日曜・祝日ほか休
■炒り豆腐100g120円、じゃがいものグラタン100g160円、リボリータ100g150円

さんぽを終えて…… 前篇

春日部はいかにして“春日部”になったか

 “春日部”という地名の由来には、いくつか説があります。安閑天皇の時代(534年)、この地が朝廷直轄となり、春日山田皇后の御名代部(皇族の私有部民)とされたからという説。平安末期、京都の貴族である紀氏の一族が住みつき、自分たちを春日部と名乗るようになったからという説。それから、地形の特徴からという説などが一般的に言われています。

 市内浜川戸に居館を構え、春日部稲荷神社、春日部八幡神社を勧請したと伝えられる春日部氏は、鎌倉に幕府が開かれると、武士として源頼朝に仕えました。後に幕府の権力争いで一時衰退しましたが、その名は南北朝時代、春日部重行によって再び史上に登場します。

 南北朝時代・室町時代まで地名に使われた字は“春日部”。それが戦国時代・安土桃山時代に“糟ヶ邊”“糟壁”と変化し、日光街道で賑わったころは“粕壁”の字があてられるようになりました。大正初期には春日部重行の功績を称えて位階が贈られたことを記念して、“粕壁”から“春日部”に改正する案が議会に提出、否決されたという歴史もあります。

 昭和19年(1944)、粕壁町と内牧村が合併した際に南埼玉郡春日部町に、そして、昭和29年(1954)に春日部市になり、“春日部”の字が完全復活。けれども、駅東口を歩くと、町名に“粕壁”の字が残されていることに気がつきます。

いまやワールドワイドになった春日部

 「スペインの子どもたちが知っている日本の都市名のトップは春日部という話を聞いたことがありますよ。春日部が舞台となっている『クレヨンしんちゃん』のおかげです」。

 “春日部”か“粕壁”かはともかく、“カスカベ”の名はいまや世界に轟いているんだ! と、教えてくれたのは駅東口の惣菜店「Bien −びあん−」のオーナーシェフ。ご両親と同じ桐たんすの道に進んだけれど、大好きな食の道も諦められなかったという方で、日本の食卓を飾る和のお惣菜はもちろん、世界各国の伝統料理も毎日のゴハンにどうぞとお店に並べ、「伝統の味はどこの国のものも深くて、やさしさがあるんですよね」と、にっこり。

 イタリア・トスカーナ地方の屋台料理ランプレドット(牛の胃袋のトマト煮。パンに挟んで食べる)やリボリータ(イタリア野菜煮込)など、日本ではまだあまり馴染みのないお惣菜も、つぶ貝のソテー ブルゴーニュ風といった手のこんだフランスお惣菜もリーズナブルに楽しめて、確かに深〜い味わい。

 「料理でも何でも、その土地に古くから根づいているものが好きなんです。『武井箪笥店』の看板を掲げているのは、“春日部は桐の町”ということをいつまでも忘れずに残しておきたいという思いもあるんですよ」。
→後篇につづく

○「東武伊勢崎線春日部駅周辺を歩く! 後篇(12月15日頃更新)」では、春日部駅西口も東口もまだまだ歩きます。

■参考資料/春日部観光ガイド、市内見て歩きルート(春日部市観光協会)、春日部市文化財マップ(春日部市教育委員会)、市観光・施設パンフレットほか

*09年11月にお散歩しました。お店などの内容、データは変更されることがあります。
 なお、各施設内の写真は許可を受けて撮影しています。

路地裏のさんぽにん 文・写真・地図/森田奈央

お天気のよい日には、いつもと違う駅に下車して、
街をぷらりと歩いてみましょうか。

路地を一本、ひょいと入っていくと、
知らなかった日常に出会えるかもしれませんよ。
森田奈央●路地から路地へ散歩するライター。ちなみに、散歩中によく出会うのは猫。どうも猫を呼ぶ体質らしい。著書に「ネコ路地へ行こう」(小学館文庫)がある。