地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」

Cute Movies

溺れるナイフ

一生ぶん、恋をした

2016年11月5日(土)TOHOシネマズ渋谷他全国ロードショー<br>(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会
2016年11月5日(土)TOHOシネマズ渋谷他全国ロードショー
(C)ジョージ朝倉/講談社 (C)2016「溺れるナイフ」製作委員会
溺れるナイフ

監督:山戸結希
原作:ジョージ朝倉「溺れるナイフ」(講談社「別フレKC」刊)
脚本:井土紀州 山戸結希
キャスト:小松菜奈 菅田将暉 重岡大毅(ジャニーズWEST) 上白石萌音 志摩遼平(ドレスコーズ)

ストーリー

15歳の夏。東京から遠く離れた浮雲町に越してきた、人気モデルの望月夏芽(小松菜奈)。退屈でウンザリするようなこの町で、夏芽は体を貫くような‘閃光’と出会ってしまう。それは、コウと呼ばれる少年・長谷川航一朗(菅田将輝)だった。傲慢なほどに激しく自由なコウに、反発しながらも、どうしようもなく惹かれてゆく夏芽。コウもまた、夏芽の美しさに対等な力を感じ、やがてふたりは付き合いはじめる。「一緒にいれば無敵!」という予感に満たされるふたり。しかし浮雲の夏祭りの夜、全てを変える事件が起きるのだった―。失われた全能感、途切れてしまった絆。傷ついたふたりは、再び輝きを取り戻すことができるのか。未来への一歩を踏み出すために、いま、ふたりがくだす決断とは― 。

記者の見どころ

累計発行部数が150万部を超える同名漫画を実写化した本作『溺れるナイフ』。10代特有の“繊細さ”と“凶暴性”を、若き天才監督・山戸結希のもとに映画化した。

抜群のスタイルを武器に大衆向け青春映画からインディーズ寄りの大人向け作品まで幅広く活躍する、小松菜奈。次々と有望株が現れる若手俳優の中でも一際大きな光を放つ、菅田将暉。原作ファンが神キャスティングと絶賛するキャストたちが、10代ならではの複雑な感情を思い起こさせる。

監督は、2012年、東京のインディーズ映画シーンに彗星のごとく現れ、「日本映画界の大型ハリケーン」とその才能を絶賛された新星・山戸結希。2014年に渋谷シネマライズでの監督最年少記録で公開、同年にテアトル新宿のレイトショー動員記録を13年ぶりに更新する等、その繊細かつ魅力的な世界観に多くの映画ファンが虜になった。彼女にとって初のメジャー映画となり、その才能が日本中に羽ばたく日がやってきた。

志摩遼平(ドレスコーズ)の、映画初出演とは思えない余裕には驚かされた。彼の持つ独特のカリスマ性が彼の役柄(天才カメラマン)に異様な説得力を持たせる。そして今年『ちはやふる』『君の名は。』で一躍世間に名を知らしめた若手・上白石萌音とジャニーズWESTの重岡大毅が脇を飾り、輝かしくも時に残酷な高校生たちの日常を切り取る。特に上白石萌音はこれまでの田舎の香りがする役のみならず元気一杯のイケイケ女子高生役にも挑戦し、彼女の持つポテンシャルの片鱗を見せる。

少女漫画の枠を超えた傑作の魅力を、若き天才監督が鋭く深く切り取った。この秋、思わず魂が吸い取られてしまいそうになってしまうほどの深みを持った、青春映画の傑作が誕生する。

Text by EISUKE