地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」

  • しんじゅくノート[新宿区]トップ
  • でかける
  • イベント
  • 第129回 東京医科大学病院 市民公開講座『がんの診断と治療特集(膵がんと血液がん)第1部:膵がん診療 〜最前線の診断と治療について〜第2部:化学療法で根治を目指す!!~悪性リンパ腫と言われたら~』

第129回 東京医科大学病院 市民公開講座『がんの診断と治療特集(膵がんと血液がん)第1部:膵がん診療 〜最前線の診断と治療について〜第2部:化学療法で根治を目指す!!~悪性リンパ腫と言われたら~』

東京医科大学病院(新宿区西新宿6-7-1 病院長:土田 明彦)から第129回 市民公開講座開催のお知らせです。
【第1部 17:00~】『膵がん診療 〜最前線の診断と治療について〜』
膵臓の位置は胃の裏側の深部にあるため検査がしづらく、また膵がんの症状が非常に現れにくいので、初期の段階では気付きにくい病気です。しかも、消化器系のがんの中でも膵がんは転移や進行が早いため、自覚症状が出てから発見されたときにはすでにかなり進行しているケースが多く、早期発見が大切です。
その膵がんの診断と治療について、消化器内科 講師 土屋貴愛医師が詳しく解説をいたします。
【第2部 17:45頃~】『化学療法で根治を目指す!!~悪性リンパ腫と言われたら~』
悪性リンパ腫は、リンパ節にできる血液の悪性腫瘍です。罹患率は、1985 年、1995 年、2005 年で人口10 万人あたりそれぞれ5.5 人、8.9 人、13.3 人と年々増加傾向にあります (『造血器腫瘍診療ガイドライン』参照)。
一口に悪性リンパ腫といっても様々なタイプのリンパ腫が存在し、診断や治療には専門的な知識と経験が必要になってきます。
その悪性リンパ腫の治療について、血液内科 講師 赤羽大悟医師が詳しく解説いたします。
会場は東京医科大学病院 臨床講堂(320人収容)で、入場は無料。事前のお申し込みは不要です。当日は直接会場にお越しください。皆さまのQOL(生活の質)向上にお役立てください。
カテゴリ講演、シンポジウム
開催日2018年7月20日(金)
開場 16:30 開演 17:00(第2部17:45頃) 18:30 終了予定
開催場所東京医科大学病院
東京都新宿区西新宿6-7-1
本館6階 臨床講堂
東京メトロ丸ノ内線 西新宿駅すぐ
料金無料
イベントの公式URL(PC)http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/soudan/lecture.html
申込※事前のお申し込みは不要です。
※座席数は限りがございます。満席の場合は入場をお断りする場合がございますので、予めご了承ください。
お問い合わせ先東京医科大学病院 総務課
TEL:03-3342-6111
内線:4023
こちらのイベントもおすすめ