地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

新宿区地域ポータル「しんじゅくノート」

2019年 新宿区の桜・花見・春に関連するお店ニュース

ヒルトン東京から春コレ・ブレッドが新登場!!

塩桜バゲット&桜ルビーショコラ を3月8日(金)から販売開始!!

ヒルトン東京1階「ショコラブティック」内ブーランジェリーコーナーでは、3月8日(金)から4月30日(水)までの期間、塩漬けした桜の花びらを練り込んだ『塩桜バゲット』や、バター香るサクサクのクロワッサンの中に、桜とルビーチョコレートのフィリングを忍ばせた『桜ルビーショコラ』を¥250~にて販売します。更に期間中はアウトドアにも最適な『塩桜バゲットのロービーサンド』も¥750にてご用意いたします。

塩桜バゲット 250円(税込み)

明け方のパリのパン屋さん - 焼きあがったばかりのパンの芳ばしい香りが辺りに漂い、思わず幸せな気持ちに包まれます。パンの名店でキャリアを積み、天然酵母や小麦、水、熟成のバランスを知り尽くしたヘッド・ベーカー湯田が作るパンは、海外のゲストからも「本場の味よりおいしい!」との声が上がるほど。現在ホテル1階「ショコラブティック」の一角で展開しているブーランジェリーコーナーでは、ベーカーこだわりの食パンやバゲット、ヴィエノワズリーやサンドイッチなど約20種類を販売しており、人気のパンは午前中に売り切れるほどです。

上質な小麦と塩を用い、18時間低温発酵させることにより、粉の風味を最大限引き出し、カリッともっちりのバランスが絶妙なバゲットは、シンプルだからこそベーカーの技が光ります。生地に塩漬けした桜の花を練り込み、中はうっすら桃色に、鼻を近づけるとほのかに春の香りがする塩桜バゲットは約16cmのスモールサイズで販売します。また、塩桜バゲットに合わせてご用意するのは溢れんばかりに詰め込んだローストビーフに西京味噌、塩漬けの桜、マヨネーズで作る特製ソースを和えた新作バゲットサンドイッチ。食べやすいサイズでランチや行楽シーズンのお供にもお薦めです。

桜ルビーショコラ 370円(税込み)

塩桜バゲットのロービーサンド 750円(税込み)

ヒルトン東京1階「ショコラブティック」

その他にも「ショコラブティック」では、ヴァローナのドゥルセを用い、クロワッサン生地をクグロフ型で焼き上げる『キャラメルショコラの王冠』(¥1,100)や『北海道小麦のモチモチ食パン』(¥640)、『生ハムとブリーチーズのバゲットサンド』(¥780)など、約20種類を常時販売しています。

ヘッドベーカー 湯田 剛史氏

1974年生まれ。東京調理製菓専門学校高度技術経営科を卒業後、95年にホテルニューオータニに入社。ベーカリーの基本を習得し、主任昇進後は、レストランフェアにてアラン・デュカス氏やピエール・エルメ氏との仕事にも従事しました。2007年からはホテルエピナール那須にヘッドベーカーとして勤務し、地産地消をテーマに、契約農家が作る野菜やハーブを用いたパン作りを多く経験しました。その後2011年にベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢に入社。パン作りの基本に立ち返り、小麦、水、発酵を学ぶと共に、自家製酵母パンの製造を担当しました。ヒルトン東京には2014年10月に新レストランフロアTSUNOHAZUのオープンに合わせて入社。ペストリー部門のヘッドベーカーとして、レストランで提供するパンやロングセラー「バナナブレッド」作りを担当しています。常にパンの呼吸とゲストの声に耳を傾ける、そして改善し続ける事を大切にパン作りに励んでいます。

【春コレ・ブレッド「塩桜バゲット、桜ルビーショコラ」概要】

店名 ショコラブティック(ヒルトン東京1階)
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-6-2
販売期間 3月8日(金)~4月30日(水)
営業時間 9:00~20:30
ウェブサイト ホームページ
電話番号 03-3344-5111

この記事に関するキーワード